20:07 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 410
でフォローする

新型コロナウイルスワクチンの接種率が100%であっても、ロシア製のスプートニクVやファイザー製、モデルナ製ワクチンよりも効果の弱いワクチンを接種した場合、再び感染率が増加する恐れがある。米ジョージ・メイソン大学システムバイオロジー学部のアンチャ・バラノバ教授が指摘している。

バラノバ氏は、「セーシェルでは国民の100%がワクチン接種を受けることができたが、しばらくすると再び流行が始まった。実は、現地で接種されているワクチンは、中国製とアストラゼネカ製のもので効果があまりなかったのだ。これらのワクチンの有効率は約70%なので、この結果になったのだ」と説明している。

さらに同氏は、ロシアの状況ではスプートニクV、日本や米国の状況ならファイザー社やモデルナ社の新型コロナワクチンを接種するように勧めている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, Pfizer, AstraZeneca, Moderna, 新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント