20:08 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア製新型コロナワクチン「スプートニクV」第2便がインド中南部ハイデラバード市に到着した。クダショフ駐インドロシア大使が明らかにした。

クダショフ大使は「『スプートニクV』はロシア・インド共同のワクチンになる。インドでの生産数を徐々に増やし年8億5千万回分に拡大する予定。パンデミックを食い止めるためにインドとの二国間協力、またインドを含めた多国間協力が今後広がることを期待している」と語った。

大使はまた「これは戦略的パートナーシップ、またコロナ対策の国際協力の効果的なモデルの見本となる」と結んだ。

ロシア製コロナワクチン「スプートニクV」の第1便がインドに到着したのは5月1日。インドにおける同ワクチンの使用は5月14日から始まった。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ロシア, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント