20:35 2021年08月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

ファイザー、モデルナ製ワクチンを接種した後、突然難聴となったという噂を米国の医師らが検証した結果、これらのワクチンが聴覚の問題の引き金となる証拠は見つからなかった。調査研究結果は査読の学術誌JAMA Otolaryngologyに掲載されている。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の研究員エリック・フォーマイスター氏が率いる医師チームが、ワクチンが難聴など聴覚の問題をどれほどの頻度で引き起こしているのかについて調査研究に乗り出した。こうした聴覚の訴えは米国のワクチン接種後の患者の他、世界中のネットユーザーからも多く寄せられはじめている。

米国の耳鼻咽喉科医らは、2020年12月から2021年3月の間にファイザーモデルナ製のワクチンを1回ないし2回接種した8000万人の患者を対象に、接種後に突然難聴を覚えたという例がどれほどの頻度で起きているのかを調べた。

その結果、接種した患者の中で難聴を起こした頻度はゼロまたは極めて低い数値であったことがわかった。このことから、両社のワクチンは聴覚の問題を引き起こさず、この点において他の安全なワクチンと何ら変わりはないことが示されている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント