05:38 2021年06月14日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

日本政府が各自治体に対して実施した高齢者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種の終了時期の見通しの再調査で、東京五輪開幕時期の7月末までに終了できると答えた自治体が前回の86%から93%にまで増えた。NHKが報じた。

日本政府は高齢者向けのワクチン接種について7月末までの終了を目指している。NHKの報道によれば、政府が10日ほど前に行った終了見通しの調査では、全国1741の市区町村のうち251が間に合わないと答えていた。

7月末に間に合わないと回答した251の自治体に日本政府が個別に対応したところ、間に合わないという自治体はおよそ半分の125に減った。

東京五輪を目前に控えているにもかかわらず、新規感染者数が減少傾向を見せない日本では、接種率の低さがより一層国民の不安を高めている。大会開催への消極的姿勢も接種率の低さが一因となっている。

日本での接種順位は 医療従事者に続いて、 第2段階として高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた市民)。高齢者が終了した後に、 高齢者以外で基礎疾患を有する、また高齢者施設等の従業者、そしてそれ以外の市民の順番。21日、日本政府は9都道府県に発出している緊急事態宣言をさらに沖縄県も対象とする方針を表しており、予断を許さない状況が続いている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント