18:47 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

インドのデリー首都圏政府は、新型コロナウイルス感染症の感染者増加を受け、ロックダウン(都市封鎖)を5月31日まで延長した。延長は5回目。デリー首都圏政府のケジリワル首相が発表した。

ケジリワル氏は「現在、深刻なワクチン不足が生じている。しかし、我われはその解決策も見つけると信じている」と述べた。

デリー首都圏政府は、4月19日にロックダウンを始めた。当局は、民間企業の在宅勤務への移行、飲食店や非食料品店、ショッピングセンターの閉鎖を命じたほか、大規模な集会およびイベントが禁止され、公共交通機関の乗客や、結婚式・葬儀の参列者の数が制限された。また午後10時から翌朝5時までの夜間の外出も禁止されている。

インドの新型コロナ感染者数は世界で2番目に多い。インド保健省の最新データによると、インドの感染者数は累計2650万人を超えた。回復者数は2340万人超で、死者数は累計29万9000人超。

関連ニュース

タグ
インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント