06:30 2021年09月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

中国の疾病予防コントロールセンターが新型コロナ用ワクチン接種による副作用の件数を発表した。同機関によれば29日までに約3万1000件が報告されているという。産経新聞が報じた。

中国ではワクチンの接種回数が今月23日までに5億回を突破している。中国当局は、今回のデータ発表により、国内外で中国製ワクチンの安全性をアピールする考えだとされる。中国メディアの報道によれば、昨年12月15日から今年4月30日までに報告された副作用の件数は3万1434件で、10万回あたり11.86件となる。

副反応に関しては、一般的な反応(発熱や腫れ)が2万6078件で、異常反応は5356件、重い症状は188件とされる。

また、中国製薬企業シノファームは29日までに傘下企業が開発した2種類のワクチンの治験結果について有効性がそれぞれ72.8%と78.1%だったと米国の医学誌で発表している。

中国を代表する疫学者である鍾南山氏は、中国の新型コロナウイルスワクチンの接種率は2021年末までに約80%に達する可能性があるとの考えを示した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 中国, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント