04:09 2021年09月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

新型コロナウイルスの感染者数が急増するマレーシアでは1日、厳格なロックダウンが開始された。ムヒディン・ヤシン首相が発表した措置は6月14日まで施行され、その後状況が改善すれば段階的に廃止される見通し。

イスマイル・サブリ・ヤーコブ国防相によると、生活に最低限必要な業種を除く経済活動は午前8時から午後8時までに制限される。政府は夜間外出禁止令を課していないものの、午後8時以降は外出を控えるよう促した。

新たな規則によれば、自宅から10 キロメートル圏内で、1世帯当たり2人だけが外出可能。ヤーコブ氏の指定によれば、カフェやレストランはテイクアウトのみで、ショッピングモールなどの商業施設は閉鎖となる。

ムヒディン首相は、経済崩壊を脅かす可能性があるため、政府は完全なロックダウンを課すことはできないと説明。31日には、総額400億リンギ(約1兆600億円)の追加経済対策を発表した。

マレーシアでは、5月中旬以降、1日あたりの感染者数が連日6000人を超えるなど、感染が急速に拡大している。専門家は、インド型変異株の伝播と、検査が不十分であることが原因と説明している。

そのため、政府は予防接種キャンペーンを強化しており、マレーシアのワクチン接種率は現在約6%となっている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント