20:05 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

日本の兵庫県尼崎市で1日、高齢者施設で行った新型コロナウイルスのワクチン接種の際、希釈せずに原液のまま職員6人に接種したことがわかった。日本のメディアが報じた。

尼崎市は2日夕方に緊急記者会見を開き、1日に市内の高齢者入所施設で職員への先行接種が行われたその際、40代から70代の計6人の職員に、誤ってワクチンを原液のまま注射するミスがあったと発表した

発表によると、生理食塩水で5倍に希釈してワクチンを使用するところ、1人で接種にあたっていた看護師が誤って原液のまま6人に注射をした。

TBSニュースの報道によると同市では接種の際、看護師が2人体制でワクチンの確認を行うことになっているが、この施設では、1日は確認できていなかったとし、今後はチェックを徹底し、再発防止に努めるという。

ワクチンの供給元のファイザー社によると、原液のまま接種しても健康上の問題はないとしているが、市は今後1週間程度、接種を受けた職員6人の健康観察を続ける方針。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント