18:12 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシア軍はコロナウイルスに対する集団免疫の形成に取り組んでいる。S・M・キーロフ記念軍事医学アカデミーのエブゲニー・クリュコフ代表が経済会議「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」で明らかにした。

同代表は、「今日、国防省では集団免疫の形成が完成した。そしてこれは軍事医療分野における成果の1つといえる」と述べた。

軍関係者へのワクチン接種は実質的に終了していると強調された。同代表によれば、予防接種は任意での実施とされる。

また、中国では今年末までに全国民へのワクチン接種が80%達成される予定だとされる。メキシコも同様に集団免疫がまもなく達成させる予定で、今年8月から9月にかけて完了すると発表している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア軍, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント