08:07 2021年06月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

スペインの学校でファイザーのコロナウイルスのワクチン接種が実施された際に8人の教師に誤って通常の6倍の量の薬剤が投与された。Efe通信が報じた。

投与ミスが起きたのは6月4日、セビリア県ゲルベスにあるカレッジで、医療関係者は6倍に希釈しなければならないアンプルの中の薬剤の全液をひとりの患者に誤って使用してしまった。こうした結果、8人に通常の6倍の濃度のワクチンが投与された。

教師のひとり、ヴィンセント・アセシオ氏によれば、8人には投与後3日が経過した7日までの観察で強い症状が見られなかったため、7日には8人とも出勤している。

先日、ドイツ、イタリアでも類似した投与ミスが発生している。3月にチリで6か月の乳児に誤って中国開発のシノバックのワクチンが投与されていた。4月にはフランスでワクチン接種にきた140人もの市民に誤って生理的食塩水が投与されている。同じような事故は5月に日本の生駒市でも起きている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
スペイン, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント