11:11 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

東京都が警視庁と東京消防庁の職員を対象としたワクチン接種が8日、東京中央区の築地市場の跡地で始まった。NHKが報じている。

今回のワクチン接種の対象となるのは警視庁と東京消防庁の職員のほか、消防団員や柔道整復師など。8日から中央区の築地市場の跡地に設けられた会場で始まった。

この会場は東京オリンピック・パラリンピックの輸送車両拠点となっており、使用は大会準備が本格化する前の今月末までと限られている。東京都は1日当たり5000人、期間中に最大およそ11万人に1回目の接種を行うことを目標としている。

来月以降は渋谷区・代々木公園に設置する仮設プレハブで2回目の接種を行う予定。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント