23:12 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 28
でフォローする

英国人研究者らが、アストラゼネカのワクチンを投与した人の中に軽度の血液凝固障害が起き、それが原因で出血するケースがあることを発見した。ファイザー製ワクチンではそうした副反応は見られていない。調査結果は「ネイチャー・メディスン」誌に掲載されている。

研究者らは、スコットランド在住でオックスフォードとアストラゼネカの共同開発のワクチンか、ファイザーとバイオエヌテックの開発したワクチンのいずれかを1回接種した250万人の市民に接種後の体調を尋ねたデータを分析した

その結果、アストラゼネカのワクチン接種によって 原発性免疫性血小板減少症、特発性血小板減少性紫斑病、出血、その他の血管障害といった自己免疫性血液凝固障害のリスクが多少高まることが明らかにされた。

研究者らは、アストラゼネカのワクチンによって血液凝固障害の起こる副反応が起きる頻度は10万人に1.13件の割合であることを明らかにした。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, AstraZeneca
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント