06:05 2021年09月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

2021年の半年間のコロナウイルスによる死亡者数はすでに2020年の1年間の死者数を上回った。ウォールストリートジャーナルはジョンズ・ホプキンズ大学の統計を引用し、死者数が増加の一途をたどっているのはワクチンへのアクセス、供給が富裕国と貧困国では格差があり、一様ではないことを示すものと指摘している。

ウォールストリートジャーナルの報道によれば、2021年は半年が過ぎていない段階ですでに188万人超がコロナ感染で死亡した。

同大学の統計は、この間、米国、カナダ、英国などの西側諸国ではコロナウイルスのワクチン接種を大規模に行ったおかげで感染率も死亡率も下がったのに対し、アジア、ラテンアメリカの数か国でのパンデミックは深刻さを増し、これがコロナウイルスによる世界全体での死者数の増加につながったことを明示した

ウォールストリートジャーナルによれば、コロナウイルスのワクチンをせめて1回だけでも接種した人の割合はアフリカではわずか2%、アジアでは6%強。南米では22%、EUは40%以上、米国は50%となった。

ジョンズ・ホプキンズ大学の調べでは、パンデミック開始からの世界規模におけるコロナの死者数は370万人。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント