11:26 2021年07月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えるところによれば、香港政府は新型コロナワクチンの接種を促進するためのユニークなキャンペーンを実施すると発表した。香港では新規感染者の増加は認められていないものの、2度のワクチンの接種を終えている市民の割合は15%にとどまっており、政府はワクチンの接種が思うように進んでいないことに懸念を表している。

ワクチン接種を支援するためのさまざまなキャンペーンには、香港の多くの大企業や企業家が協力しており、ワクチン接種者のための特別なプレゼントへの大規模な費用のスポンサーとなっている。たとえばグッドマン・ホンコンは、価格64,000ドル(およそ700万円)のテスラモデル3を賞品に提供すると決めたほか、空港管理機関はワクチン接種を済ませた市民5万人に無料の航空券を贈ると発表した。

サウスチャイナ・モーニング・ポストによれば、中でももっとも豪華なプレゼントとなっているのが、シャングリラ・グループがスポンサーとなっているもので、ワクチンを受けた人の中から抽選でシャングリラ系Shangri-La Groupのホテル(1室1泊300ドル=32,800円以上)に1年間宿泊する権利が贈られるというもの。このほか、16,000ドル(およそ175万円)が入ったクレジットカードがもらえるというものや旅客機を借り切ってパーティを開く権利がもらえるというものなどがある。こうした特別キャンペーンのプレゼントの総額は1,400万ドル(およそ15億3,000万円)にのぼるとのこと。

またサウスチャイナ・モーニング・ポストによれば、香港でワクチン促進に向けて講じられている方策は他にもある。たとえばワクチン接種を行なった国家公務員は2日間の有給休暇を追加的に取ることができる。

米国、英国政府が国民のワクチン接種を促進するために、人気の出会い系サイトと連携し、ワクチン接種者に追加のオプションを与えるという措置を講じたというニュースについては、「スプートニク」の過去の記事でお読みいただけます。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント