20:13 2021年08月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (59)
0 34
でフォローする

ワクチン接種の遅さがコロナウイルスの変種形成を活性化させるおそれがある。ロシアのガマレヤ国立疫学・微生物研究センターのアレキサンドル・ギンツブルグ所長がコメントした。

同所長は、「ワクチン接種にはスピードが求められる。そして、常に互いに接触し合っていることから、すべての国民に行うことがより好ましい。もし、一部は接種を受け、一部がそうでないなら、性質の異なる変種の形成プロセスを増強させるおそれがある」と強調した。

以前、ギンツブルグ所長は、予防接種を受けたがコロナに感染した人では、感染後症候群は最低限に抑えられると述べている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (59)
タグ
ロシア, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント