07:36 2021年08月04日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

イェール大学はコロナウイルスから身を守る鍵がもしかすると普通の風邪にあるかもしれないことを発見した。研究結果は公式ポータル YaleNewsに公表されている。

研究者らは、風邪をひいた結果、身体の免疫応答が高まることでインフルエンザにかかりにくくなることから、同様の手段でコロナウイルスから守る方法を模索した。免疫応答とはインターフェロンによって刺激された遺伝子で、これが病気の初期に反応するため、体内でのウイルスの増殖を防ぐことができる。このことから科学者たちは、風邪がコロナウイルスも防ぐことができるかどうかを試した

研究者らは実験室で呼吸器組織を培養し、風邪の原因となるライノウイルスに感染させた後、次にコロナウイルスに感染させた。その結果、呼吸器組織はライノウイルスとの接触後、免疫系が活性化され、これがSARS-CoV-2の感染拡大を食い止めることができた。

研究者らは、この手法による治療はコロナウイルスに感染後、ウイルスが体内で指数的に増殖しないよう、なるべく早く、初期段階で開始する必要があると強調している。なぜならそれより遅い段階だとこうした手法による治療は危険が伴い、高いレベルのインターフェロンは免疫応答を過度に刺激しかねず、コロナ感染がより重症化しやすい。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 科学研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント