02:36 2021年08月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

新型コロナ患者の18〜23%に耳が詰まったような症状があり、それにより聴力の低下が引き起こされる例が確認されているが、この症状は改善可能である。ロシア権利者権利保護・福祉監督庁疫学研究所、臨床分析部門のナタリヤ・プシェニチナヤ副部長が、リアノーボスチ通信に対し、明らかにした。

プシェニチナヤ氏は「耳の閉塞感とそれによる聴力の低下は、新型コロナ患者の18〜23%に見られる。しかし症状は可逆的なものであり、特殊なものではない」と述べた。また、回復後数週間にわたり、後遺症として1.5〜2%の割合で、なんらかの症状が残る場合があるとも指摘している。

プシェニチナヤ氏によれば、新型コロナへの感染後、突発性難聴になるケースが稀にあるという。はっきりした原因は分かっていないが、新型コロナウイルスなど、ウイルス感染が引き金となっている可能性があると考えられている。

プシェニチナヤ氏は、「重症化した場合に聴覚中枢に低酸素状態が引き起こされること、また治療薬がそれを悪化させる可能性があることなどが考えられている。患者が救命センターなどで長期にわたり治療を行なっている場合、見逃されやすい症状である」と指摘した。

関連ニュース

タグ
Pfizer, AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント