19:57 2021年08月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (59)
0 11
でフォローする

研究者チームがスコットランドでコロナウイルスに罹患した患者のデータを比較した結果、インド型変異株は英国型より危険度が高いことが明らかになった。研究結果は国際的に権威の高い英国の医学誌ランセットに掲載されている。

調査結果から、インド型変異体に感染して入院した患者の数は英国型に感染した入院患者の2倍も多いことがわかった。

記事には感染リスクを下げるためにワクチンは効果的なメソッドであることが証明されたと指摘されており、英国型のほうがインド型よりワクチンによる感染防止率は高いと書かれている。

この調査はスコットランドの健康保健機関から提供された、2021年4月から6月の間にスコットランドで感染した患者のうち99%から集められたデータを基にしている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (59)
タグ
科学研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント