13:55 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 24
でフォローする

米国は19日、新型コロナウイルスのワクチン250万回分を台湾に送る。米政府高官が、ロイター通信に明らかにした。

ワクチンは米モデルナ製で、20日夜に台湾に到着する。政府高官は、米国は「政治的および経済的状況を根拠にワクチンを配布、提供するのではない」と主張し、「我われは、命を救うことを唯一の目的として、ワクチンを提供している」と述べた。

政府高官によると、台湾は「世界市場でワクチンを調達するその試みにおいて、不公平な挑戦」に直面している。

6月初旬、台湾を訪れた米上院のタミー・ダックワース議員、ダン・サリバン議員、クリス・クーンズ議員は、米国が台湾に75万回分のワクチンを無償提供すると発表した。これに175万回分が追加されたという。

現在、人口2350万人の台湾では、新型コロナワクチンが不足している。これまでに台湾に到着したワクチンは、英アストラゼネカ製の72万6600回分と米モデルナ製の15万回分。マスコミ報道によると、台湾当局はさらに1000万回分のワクチンを台湾の製薬会社2社に発注した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
Moderna, 米国, 台湾, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント