14:44 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 27
でフォローする

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否する国民に対し、接種しなければ投獄すると語った。「CNNフィリピン」テレビが報じた。

同テレビはドゥテルテ大統領が語った「私を誤解しないで欲しい。フィリピンは危機に瀕している。全国レベルの非常事態だ」との発言を伝えた。

ドゥテルテ大統領は、誰もがウイルスの媒介となり得るため、ワクチン接種は必須であると説明。接種を拒否するフィリピン国民に「憤慨している」と語った。

フィリピンではコロナワクチンの集団接種は3月に始まっており、当局は2021年末までに国民の5-6割に接種を完了したいとしている。

5月、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は中国の国有企業「中国医薬集団(シノファーム)」が開発した新型コロナウイルスワクチンを非公開で接種した

関連ニュース

フィリピン 他人にコロナを意図的に感染させた場合、殺人と見なされる

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント