12:47 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

インドのウイルス感染症の専門家で、ゲノム学および統合生物学研究所のアヌラグ・アガルバル所長は、新型コロナウイルスの新しい変異種「デルタ・プラス」がインドで感染拡大の第3波を引き起こすおそれがあるという懸念は過大なものと考えている。

同所長はテレビ局NDTVのインタビューで、「これまでのところ『デルタ・プラス』がたとえば第3波を引き起こす可能性に関して何らかの関連をしめす証拠は何も存在しない」と語った。

同氏は、彼が指導する研究所は、もっとも感染が深刻なマハーラーシュトラ州で4月から5月に採取された3500超のウイルスサンプルの解読を行ったと強調した。アガルバル所長は、「私たちは、(デルタ・プラスに感染した)患者が非常に多いことを知っています。しかし、彼らは1%以下でしかありません」と指摘し、現在、「すべてが安定しているようだ」と述べた。

また同所長は、菌株「デルタ」の全変異種は危険であり、感染拡大への対応措置と注意を怠らないよう呼びかけた。

デルタ」と命名されたコロナウイルスの株は昨2020年10月にインドで発見され、その後、日本を含む世界各地に拡散した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント