20:37 2021年08月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 23
でフォローする

中国感染症管理・予防センターのフェング・ジジアン研究員は、コロナウイルスの菌株「デルタ」は新型コロナウイルス拡大の次の段階で世界の多くの国々で大流行すると予想する。

テレビ局「中国中央電視台」のインタビューで同研究員は、「その可能性(世界中に菌株「デルタ」が蔓延)は十分ある。特に、この菌株の高い感染性・伝染力は、ウイルスを生き永らえさせ、感染を拡大させる力となり、つまり、次の段階でこのウイルスの感染拡大のレベルがますます増大するおそれがある」と指摘した。

同氏によれば、「菌株『デルタ』」はおそらくパンデミック拡大の次の段階で世界中の多くの国と地域で支配的なウイルスになるという。

菌株「デルタ」は現在、多くの国で確認され、インドの医師らによれば、インドでの新型コロナウイルス第2波の主たる原因となった可能性があるとされる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント