12:38 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

世界保健機関(WHO)のロシア代表メリタ・ヴイノビッチ氏は、新型コロナウイルスワクチンについて、保有する抗体の量に関係なく安全に接種することができると発表した。また同氏は、抗体検査システムは抗体レベルを正確に判断することができないため、抗体による保護を当てにしないよう呼びかけた。

ヴイノビッチ氏は、標準的な抗体検査のほとんどは、特定の人の免疫レベルを評価することはできないと指摘した。同氏は「これは、検査で抗体を検出できないという意味ではない。これは良い検査だ。しかし、免疫レベルを評価するためには、科学的な実験室、非常に特殊な実験室での検査、そして『免疫力は十分に高いため、あなたは(感染症から)守られている』と言うことができる知識豊富な専門家が必要だ」と説明した。

ヴイノビッチ氏によると、WHOは引き続き「抗体検査を行わない」ことを推奨している。ヴイノビッチ氏は「抗体検査ではたくさんのことはわからない。検査によって個人的に安心するのは良いことかもしれないが」と強調した。

先にWHOは、抗体を保有していても再感染した症例について発表した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント