11:45 2021年07月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ラトビアの国立医療対策委員会は医療分野で発令されていた緊急事態宣言を解除する決定を下した。この宣言は2020年12月に発令されたものだった。ラトビア保健省のサイトで発表された。

ラトビアでは入院するコロナ患者の数や、国内の感染拡大状況が落ち着いたことから、医療分野の緊急事態宣言が解除された。 

ラトビアでは、患者数と病床数が一致していない場合などに、医療分野での緊急事態宣言が発令される仕組みとなっている。緊急事態宣言が発令されることで、病院はコロナ感染者が増加した際に病床数を拡大させるなどの措置を取ることが可能となっている。

関連ニュース

タグ
Pfizer, AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, ラトビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント