11:31 2021年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

変異株の存在により、新型コロナウイルスワクチンの効果がなくなる恐れがある。国連のアントニオ・グテーレス事務総長が2日、スペインのペドロ・サンチェス首相とともにマドリードで行われた記者会見で明らかにした。

会見でグテーレス氏は、「(新型コロナウイルスワクチンは)EUでは100人あたり67.8回、アフリカでは1.8回接種されている。ウイルスは火のように広がっている。発生した変異株によって、ワクチンが効果のないものに変わってしまう危険性がある」と述べた。

さらにグテーレス氏は、「微細なウイルスが、世界中ですでに約400万人を死に追いやり、経済を麻痺させている。このウイルスに勝てるかどうかは、まだ分からない」と強調した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント