19:21 2021年08月01日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 08
でフォローする

バンダービルト大学医療センターの感染症学教授ウィリアム・シャフナー氏は、新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否する人たちは、自分自身の健康を危険にさらしているだけでなく、新たな変異株の潜在的な「工場」になっているとの見方を示した。CNNが報じた。

シャフナー氏によると、現時点で人体はコロナウイルスの新たな変異株が拡散する唯一の源となっている。

シャフナー氏は「ワクチン未接種者が多ければ多いほど、ウイルス増殖の可能性が高まる(中略)その後、ウイルスが変異し、新たな変異はさらに危険なものとなる可能性がある」と説明した。

シャフナー氏によると、一部の変異はウイルスにまったく影響を与えなかったり、ウイルスを弱めることもあるが、時に偶然の突然変異がより多くの人に感染する能力を与えることがあるという。

シャフナー氏は、変異が十分に成功した場合、それは新たな変異株となるが、そのためには複製する必要があり、その可能性をワクチン未接種者が提供していると指摘した。

関連ニュース

タグ
米国, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント