00:05 2021年09月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 181
でフォローする

世界の新型コロナウイルス感染者はすでに400万人を超えており、数十万人が重症で入院している。人類がパンデミックとの不平等な闘いに挑むようになりすでに1年以上が経過した。そこに待ち望んだ解決の糸口、つまりワクチンが登場したところ、社会は分裂してしまった。ワクチン接種の反対派と支持派の論争は激しくなる一方であり、政治家や著名人の発言をめぐり意見を戦わせている。言うまでもなく、ワクチン接種を拒否することは罪であるというロシア聖職者の発言も大きな反響を呼んでいる。スプートニク通信はワクチン接種について宗教者の意見を訊ねることにした。キリスト教だけでなく仏教の代表者にも話を聞いた。

ワクチン接種拒否は罪か?

「新型コロナワクチンを拒否する人たちは、生涯償う必要のある罪人になる」。テレビ番組「ロシア24」の中で、モスクワ総主教で対外教会関係局長を務めるヴォロコラムスク府主教イラリオンはこのような見方を示した。

こうした立場についてイラリオン府主教は、危険なパンデミックにおいて、人は自分自身の安全だけでなく、感染させる可能性のある人々の健康にも責任を負っているからだと説明した。

聖職者のこのような断定的な物言いはワクチン接種反対派のみならず、ワクチン接種に反対を示す信者からも不満の嵐を招いた。ネットでは教会の立場を「偽善的」と評し、「身売り」とまで非難する声もあった。ただネット上の大多数は「新たな死の罪」を揶揄したり嘲笑するのみに留まっていた。

スプートニク通信は、歴史・宗教学を専門とするロマン・シランチエフ氏にコメントを求めた。同氏は、歴史的な時代に関わらず、医療に偏見をもつ人は常にいたと話す。

「新型コロナが発生した理由についての様々な陰謀論なども、現在の反啓蒙主義に含めることができます。陰謀論の中でももっともよく聞かれるのが、ワクチンにはチップが含まれていて、人々を管理しようとしているというものです。そしてかなり多くの人々がインターネット上で急速に広まっているこうした陰謀論を信じています。ですからイラリオン府主教の発言を通して、教会はワクチン拒否は危険で誤った行いであると言うことを人々に理解させると言う使命を遂行しているのです」。

各ケースに個人差

一方で、蘇生医でもありロシア正教会修道司祭のセルゲイ・セニチュコフ氏はスプートニク通信に対し、すべての人にワクチン接種の機会があるわけではないことを強調する。

「ワクチンの問題は医療の介入です。ワクチンの合理性は人それぞれで異なります。外科手術も、ある人には有効でも、ある人には有効ではないのです」。

同医師はまた、ワクチン接種を済ませてもコロナ感染を免れるわけではないと警告する。そのため、最もシンプルなパンデミック抑制方法、例えば自己隔離、マスクや手袋の着用を無視してはならないと語る。それにも関わらず、信者は教会へ足を運ぶ。そして教会の安全策は常に必要な基準を満たしているわけではない。

ロシア正教幹部は、パンデミックのピーク時には教会へ通うのを一時中断するよう呼びかけた。モスクワの寺院は当局の指導により何度か閉鎖された。しかしコロナ禍の初期段階で多くの寺院が活動を続けたため、司祭は収入が欲しいのだと非難や批判の的となった。また司祭の中には、コロナウイルスの存在を認めず、信者で溢れる寺院の中で祭事を続ける者もいた。

現在、教会は訪問者の数を管理しようとしているが、聖職者のワクチン接種は任意である。接種拒否は罪であるという発言はあったものの、この問題に関するロシア正教会幹部の立場は変わっていない。 

仏教とワクチン接種

スプートニク通信は、仏教徒がワクチン問題をどう捉えているかを知るべく、僧侶の鵜飼秀徳氏(ジャーナリスト/正覚寺住職/良いお寺研究会代表理事/東京農業大学・佛教大学 非常勤講師)にもコメントを求めた。

「仏教ではワクチン接種を拒否することを、罪とはみなしません。仏教とワクチン接種拒否問題を照らし合わせますと、一見、ワクチン接種拒否が「悪い行い」であり、仏教の説く「善い行い」に反しているように見えます。しかし、それは少し違います。「善悪」だけとってみれば、完全な善人などはこの世に存在しませんし、完全な悪人も存在しません。ワクチン接種拒否する人を、ひとくくりにして悪人ととらえるのはあまりにも「救い」がなさすぎます。ワクチンの副反応を恐れて、ワクチン接種をストレスに感じ、どうしても接種したくないという人は少なからずいるはずです。そうした人を「悪」と決めつけるのは、仏教の説く「寛容」「慈愛」「平等」の精神からは大きく逸脱します。ワクチン接種拒否が「他者の命に影響を与える=だから悪」という論理であれば、車の運転も同様ですし、政治家の判断は間接的には殺人行為にもなり得ますし、極端なことをいえば子供を産むことも社会的リスクになるでしょう。「不完全な人間だからこそ、救われる」のが仏教の教えです」。


コロナ感染者が増加する中、教会が重要な社会的機関としてワクチン接種問題やパンデミック対策について自身の見解を示すことは十分に論理的です。それでも、ワクチン接種を拒否することは罪だという極端な発言は社会に余計な緊張をもたらす可能性があります。そうでなくてもパンデミック対処法をめぐって社会は分断の方向に進んでいるのですから。聖職者自身も昨年は罪がなかったわけではないことを考えると、より抑えた見解のほうが、多くの利益をもたらしたかもしれません。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント