13:05 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 70
でフォローする

セチェノフ記念モスクワ州立医科大学の免疫学およびウイルス学、微生物学の学部長でロシア科学アカデミー会員のビタリー・ズべレフ氏は、成人における新型コロナ用ワクチンの影響に関するデータがまだ十分でないことから、子どもへの使用を試すのは時期尚早だとの考えを示した。

同氏は、「現在、広く使用されている『スプートニクV』や米国製のワクチンは、ほとんどすべてが新しいプラットフォームの製薬です。これらはかつてどこでも普及されたことはありません」と語った。ズべレフ氏は、まずはじめに成人における製薬の影響を観察するよう提起した。

また同専門家は、現在、一般的には新型コロナ用ワクチンは特定の子どものカテゴリーに対してのみ必要とされている強調した。

ズべレフ氏は、「これは、特別な注意を必要とする子どもたちで、彼らはワクチンの接種が必要とされています。そして彼らにはどんなワクチンの接種が必要か、それが問題なのです。たとえば、この場合、ちょうど『不活化』ワクチンの使用が可能になると話を向けることができるでしょう。なぜなら、これは良く知られた伝統的な方法であり、私たちは合併症としてどのような症状が現れるか理解しており、試され済みなのです」との考えを示した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, 新型コロナウイルス, 子供, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント