20:20 2021年07月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

コロナ罹患者の10%は回復後、半年が経過しても咳、息切れなどのしつこい症状に悩まされている。シンガポール最大の英字新聞「ザ・ストレーツ・タイムズ」紙が同国の国立感染症センターの調査を引用して報じた。

調査によれば、稀に消えない倦怠感、めまい、不眠といった症状が長期に続くケースもみうけられた。研究者らは、コロナウイルスが打撃を与えるのは主に肺であるにもかかわらず、循環器系統の病気の発症リスクも高めることを発見した。

調査チームの一人、バーナビ・ヤン氏は「Sars-CoV-2ウイルスによって血管を、特に毛細血管に損傷を受ける人もいる。これはどの人体にもあるわけで、そうなると血液供給がブロックされ、出血が起きてしまう」と語っている。

回復後になぜ症状がこれほど長くぬけないのか、その理由については研究者にも未だに不明。

2020年1月に開始された調査にはシンガポールの数か所の国立病院に入院する288人の患者が参加し、感染の第1週から半年にかけて、観察を受けた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
科学研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント