02:32 2021年08月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人の血漿は、罹患者の血漿よりも効果が高いことが明らかになった。変異株に対しても同様の結果が得られたという。モスクワの輸血部門主任医師であるアンドレイ・ブラノフ氏がスプートニク通信の取材に応じた。

ブラノフ医師は「3月から5月にかけて行われた研究の結果、ワクチン接種を受けたドナーから提供された血漿を投与後7日目、PCR検査で陰性の患者数は75%だった。一方で、罹患済みドナーの血漿を用いたグループでは、陰性の患者数は50%だった」と語る。

「これでワクチン接種済みのドナーの血漿は、罹患済みドナーの血漿よりも有効性が高いことが分かった。変異株に対しても同じだった」と結んだ。

関連記事

タグ
医学, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント