04:02 2021年07月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

イスラエルのナフタリ・ベネット首相は、国内の感染状況は改善しているものの、新たな変異株が出現しているため、「ソフト・サプレッション」戦略と称する新たな制限措置を導入した。ロイターが報じた。

「ソフト・サプレッション」戦略は、必要最小限の制限を尊重しつつ、ウイルスとの共存を習得することを狙っている。これを行うことでイスラエルとしては、経済に深刻な打撃を与えかねない4回目のロックダウンは回避したい考え。

戦略では、第一に室内でのマスク着用義務化、第二に入国管理が強化される。また今後、入国する乗客には24時間または検査結果で陰性が出るまでの間、隔離が強制される。

先日、イスラエルは、コロナウイルスの新株の出現で国民に接種しているファイザー社のワクチンの効果が急激に低下していることを明らかにしていた

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント