12:46 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

WHOは、2019年12月に新型コロナウイルスによる最初の ヒトへの感染例が報告された地域での研究施設を監査するとの方針を明らかにした。WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長が、新型コロナウイルスの起源に関する会合で発表した。

同事務局長は、加盟国が新型コロナウイルスの起源を調査するためWHO事務局が実施する予定の5つのステップについて説明する書簡を以前受け取ったと述べた。

WHOは、その第1歩として2019年12月に最初にヒトの症例が確認された地域にある研究室と研究施設の監査を行う

同事務局長は、「このウイルスの起源を探るのは科学面での仕事であり、政治とは無縁であるべきだ」という中国への同意も表明している。

これよりも前、テドロス氏は、新型コロナウイルスが人為的に作られた可能性を認めており、中国当局に協力の姿勢を求めていた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
中国, 新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント