12:55 2021年07月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

東京五輪・パラリンピックのために来日した国際オリンピック委員会(IOC)の柳承敏委員(韓国)が日本に入国後に新型コロナウイルスに感染していることが分かった。インサイド・ザ・ゲーム通信が柳委員によるインスタグラムへの投稿をもとに報じた。

柳委員(38)は2004年のアテネ五輪卓球男子シングルスで金メダルを獲得した偉業を持つ。成田空港の検査で感染が判明し、ホテルで隔離している。

​柳委員はインスタグラムへの投稿で次のように記した。

組織委員会、日本で受け入れを要している皆さん、IOCには大変な不便をかけました。私のケースは、我々全員を保護する上でのシステムが如何に効果的であるか改めて証明しています。

柳委員はワクチンを2度接種しており、症状もない。出国前の検査も2回受け、陰性と診断されていたという。

関連ニュース

タグ
AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, 国際オリンピック委員会
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント