08:39 2021年08月04日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 08
でフォローする

日本政府は5ヶ国とワクチンパスポートの使用と承認の問題で合意に至った。21日、定例の記者会見で加藤勝信官房長官が明らかにした。

同官房長官は、「現時点で関係各国の法律をベースに私たちはイタリアとオーストリア、トルコ、ポーランド、ブルガリアとの合意に至った」と述べ、これらの国々から来日しワクチンパスポートを所持する人は必要とされる日本到着時の検疫実施を免除されると表明した。

7月11日、加藤官房長官は、各自治体がワクチンパスポートの発行申請の受付を7月26日から開始すると発表した。

この間、世界保健機関(WHO)緊急委員会はワクチン接種の機会が地域によって不公平であることから、国外へ旅行する際にワクチン接種の証明書の提示を義務化しないよう勧告した

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント