05:41 2021年07月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

スイスとドイツの生物学者らが実験室で様々な動物を対象に気道の細胞がコロナウイルスに感染するかどうかを調べた結果、SARS-CoV-2に感染しうるのはサルとネコ科の動物だけであることが明らかになった。調査結果は学術雑誌「新興感染症」に掲載されている。

科学者らは安全な実験を行い、実験室の中でアカゲザル、ネコ、イタチ、イヌ、ブタ、ウサギ、ヤギ、角を持つ大型動物、ラマ、ラクダ、コウモリ2種の12種の哺乳類の細胞培養を調査した。実験では細胞培養にSARS-CoV-2ウイルスを感染させ、その過程が観察された。

その結果、コロナウイルスに感染したのはネコとサルの細胞だけだった。

コロナウイルスのパンデミック時にはヒトから動物への感染例が報じられた。感染が分かったのはペットとして飼育されている犬猫、動物園で飼われているライオン、トラ、ピューマ、ヒョウ、ゴリラの他、農園のミンクなどだが、未だにどの種類の動物がヒトから感染しうるか、また感染しない動物は何かははっきりしていなかった。

関連ニュース

タグ
動物, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント