16:52 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

韓国政府は、新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、18〜49歳の一般市民にワクチン接種を行うことを決定した。韓国疾病予防管理庁(KDCA)が発表した。

韓国政府は当初、11月までに国の人口の70%(3600万人)への接種を完了させるよう計画していた。

しかし、7月7日以来、新規感染者数が1000〜2000人に増加しているため、政府は9月末までに、より若い市民に第1回目の接種を行うことを決定した。

ワクチンはファイザー社製を中心に、モデルナ製も使用される。

8月9日から予約を開始し、8月26日から9月30日までの間に18~49歳の約1777万人に接種が行われる。

韓国では28日、新型コロナウイルスの感染者数が1896人に増加し、1日当たりの新規感染者数が過去最多となった

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
韓国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント