02:45 2021年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 25
でフォローする

インフルエンザの予防接種は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを低減する可能性がある。学術雑誌PLOS Oneに米研究チームの研究結果が掲載された。

研究チームは、7万人以上の対象者を、新型コロナウイルス検査で陽性となる前の6カ月間にインフルエンザワクチンを接種した人と接種しなかった人の2つのグループに分けて研究を行った。

研究チームは「敗血症、脳卒中、血栓症、集中治療室への入院のリスクを低減するインフルエンザワクチンの効果を示す重要な結果は、さらに研究する価値のある保護効果を物語っている」との結論を発表した。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント