16:45 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

メキシコでは生活に困窮する市民の数が2018年から2020年の間に380万人増え、人口全体の43.9%にまで上昇した。社会発展政策を評価する国立会議Conevalの調査結果で明らかとなった。

メキシコでは2018年から2020年にかけて、貧困状態にある市民の割合が42.9%から43.9%に上昇し、その数は5570万人にまで達した。新たに貧困層に加わった市民の数は380万人とみられている。

極めて貧しい状況に置かれている市民の数は1080万人に達しており、これは2018年の時点と比べて210万人ほど上昇している。

メキシコでは医療サービスへのアクセスが社会発展上の足かせとなっている。2018年から2020年にかけて医療サービスを受ける上で困難に遭遇した市民の割合は16.2%から28.2%にまで上昇し、その数は3570万人に上っている。

報告書には「COVID-19により、保健分野での非常事態は状況をさらに悪化させた」と記されている。

関連ニュース

タグ
米国, ワクチン, Moderna, 新型コロナウイルス, AstraZeneca, Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント