10:15 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 45
でフォローする

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は、新型コロナウイルスをめぐる状況は、人類にとって「本当の意味で危険な時代」に入ったと発表した。

テドロス事務局長は、「世界は今、本当の意味で危険な時代に入っている。これまでに得られた多くの成果が、今損なわれている」と訴えた。

テドロス氏は、ウイルスのまん延は、社会的接触の増加、一貫性のない保健・公衆衛生対策、「不公平なワクチン接種」によって「助長」されていると強調し、新型コロンワクチンの80%以上が高・中所得国に供給されていると述べた。

テドロス事務局長は、豊かな国々での新型コロナワクチンの3回目の接種について、9月までモラトリアム(一時停止)を導入する必要があると述べた。WHOは5月時点で、9月末までに世界の国々で少なくとも人口の10%がワクチンを接種する目標を掲げていたが、豊かな国々がワクチンを大量に購入したため、世界ではワクチン供給の不均衡が進んでいる。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント