10:50 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (66)
0 02
でフォローする

新型コロナウイルスの変異株の1つ「ラムダ株」に感染したと日本で初めて確認された人物が、東京オリンピック関係者であることが分かった。共同通信が伝えている。

ラムダ株は、南米ペルー由来とされている変異株。その人物は30代の女性でペルーに滞在歴があり、7月20日に羽田空港に到着し、空港での新型コロナウイルス検査で陽性が確認された。その後、国立感染症研究所がその人物からウイルスを分析したところ、ラムダ株であることが判明した。

世界保健機関(WHO)は、ラムダ株を「注目すべき変異株」と定めている。従来の新型コロナウイルス株よりも感染力が強いとみられているが、詳しいことはまだ分かっていない。

関連ニュース

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (66)
タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント