22:17 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

海上保安学校(京都府舞鶴市長浜)は13日、夏季休暇で帰省中の学生40人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、そのうちの複数人が7月、国土交通省の感染防止対策に違反し市内の飲食店で開かれた4件の懇親会に参加していたという。日本のメディアが報じた。

なお、感染経路との関係は不明とのこと。

海上保安学校は全寮制で、582人が在籍。生徒らは28日から夏季休暇で帰省していた。その後の7月30日から8月12日までに、沖縄県や長崎県など帰省先の18都道府県で生徒40人の感染が確認されたという。

感染が発覚したのは10代から30代の男女。休暇前にも20代の男子学生が感染した。この41人のうち10人が7月下旬に4~10人で開かれた懇親会に4件参加したという。

同校は「懇親会開催は極めて遺憾で重く受け止め、再発防止に取り組む」としており、PCR検査で陰性だった学生のみを帰校させる方針。また、帰校後2週間は全員を外出禁止とするという。

関連記事

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント