20:59 2021年09月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 34
でフォローする

18日、日本政府は、国内の新型コロナウイルス用ワクチンの接種に関して、少なくとも1回は接種したとする国民が人口の過半数を超えたと発表した。日本経済新聞が報じた。

発表によれば、少なくとも1回は接種を受けた国民の割合は50.3%となり、接種を2回受けた人は38.8%だった。企業や大学など、職場接種の割合は計1058回(15日時点)となり、1日当たり20万回のペースとなっている。

英オックスフォード大学の研究者らが運営するサイト「アワー・ワールド・イン・データ」のデータ(16日時点)によれば、新型コロナウイルスのワクチン接種率(1回目の接種を終えた人の割合)は、英国69.7%、フランス68.4%、米国59.4%となっている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント