21:17 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 04
でフォローする

新型コロナウイルスは季節性の感染症だと誰もが思っていたので、製薬業界はすぐに治療薬の開発に乗り出さなかった。ロシア科学アカデミーの準会員でロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁の中央疫学研究所の科学作業副部長のアレクサンドル・ゴレロフ氏が、スプートニクにこのように語っている。

ゴレロフ氏は、新型コロナウイルスワクチンが開発されているのにもかかわらず、なぜ有効な治療薬がないのかという疑問に以下のように答えている。

「この方向での研究は進められているが、物質そのものを作るだけではなく、濃度や投与量を定める必要があるため、ワクチンの開発よりも道のりは長い。(治療薬の)研究は続けられるだろうが、ウイルスが季節性のものになればやめるだろう」

同氏は、治療薬の開発はワクチンの開発よりも時間がかかり、莫大な資金が必要であることを指摘した。ワクチンがあっても薬がない感染症には、麻疹や狂犬病などの例があるという。

最後に同氏は、どんな病気でも、治療するよりは予防する方が良いと強調している。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント