12:42 2021年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 22
でフォローする

スイスの学者サイ・レディ氏は、新型コロナウイルスについて、必然的に変異し、抗体に脆弱ではなくなり、高いレベルの感染力も持つようになると予測している。スイス紙SonntagsBlickにレディ氏のインタビューが掲載された。

レディ氏は免疫学者でスイス連邦工科大学チューリッヒ校の教授。同氏は、新型コロナウイルスの変異株「ベータ株」「ガンマ株」「デルタ株」に続く変異株は、来年2022年のパンデミックとの闘いを著しく複雑にすると主張している。

レディ氏は、昨年8月に南アフリカで確認された「ベータ株」と、9月にブラジルで最初に特定された「ガンマ株」は「変異を発展させ、それによって抗体の作用を部分的に回避することができる」と説明している。一方、「デルタ株」は全体的にはるかに感染力が強いが、「ベータ株」や「ガンマ株」のような変異を今のところ形成していない。しかし、「デルタ株」は抗体を回避する能力を持つ方向に向かっているという。

レディ氏は、ワクチンメーカーは新たな変異株にワクチンを迅速に対応させる必要があり、新しい症例の発見は加速化されなければならないと強調している。また同氏は、国民のワクチン接種率を大幅に上げる必要があると指摘している。

レディ氏は「おそらく、これ(コロナウイルス)は何年も続き、もしかしたら、私たちが死ぬまで続くかもしれない」と予測している

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 科学研究, スイス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント