19:48 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

コロンビア西部のカリ市で1人の男性に新型コロナウイルスのワクチンが7回も投与される事態が発生した。地元のノティシアス・カラコルTV局が報じた。

ノティシアス・カラコルTV局の報道によれば、同国のミエルランジ・トレス保健相は「7度の投与をされた人物がいたことが発覚した。この人物は60歳以上で精神疾患があることは見てわかる」と語っている。トレス保健相はこの件についての捜査はすでに開始されたと語った。

報道によれば、この男性はシノヴァク、アストラゼネカ、ファイザー、ヤンセンなど複数の製薬会社のワクチンを接種していたが、規定をはるかに超える量が投与されたにもかかわらず、否定的な反応は起こしていない。

コロンビアは同様の事態の再発防止のために、接種の前に市民が電子版のアンケートに記入し、接種に同意する旨を書き込む策を打ち出した。アンケートは印刷し、接種の会場で提出が義務付けられる。

スペインでも6月、8人にファイザーのワクチンが6回分投与される医療ミスが起きている

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, コロンビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント