02:31 2021年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 04
でフォローする

日本の厚生労働省は26日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入しているとの報告を受け、合わせて約163万回分使用を見合わせると発表した。

厚生労働省は、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの一部のロットについて「未使用の状態での異物の混入が複数の接種施設より報告された」ことを踏まえ、異物混入のリスクが否定できない対象ロットの使用を見合わせると発表した。

対象ロットは「3004667(約5万7000本)」「3004734(約5万2000本)」「3004956(約5万4000本)」。

報道によると、今月16日以降、東京都、埼玉県、茨城県、愛知県、岐阜県の8ヵ所のワクチン接種会場で、39の未使用の容器に異物が混入しているのが見つかった。

日本経済新聞は26日、厚生労働省が「混入していた物質が金属である可能性を明らかにした」と報じている

また読売新聞も同日、「異物は金属物質とみられる」と伝えている

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント