09:05 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 17
でフォローする

イスラエルのテレビ局Channel 12が同国の保健省を引用して報じたところによると、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの3回目接種による感染を防ぐ効果は95%、感染した場合の重症化を予防する効果は97%。

Channel 12は「(イスラエル)保健省は、3回目のワクチン接種から1週間後の感染予防効果は86%まで上昇し、16日後は95%まで高まったと伝えている。この期間の(新型コロナ)ウイルスに関連する深刻な症状を回避する可能性も大幅に上昇した。97%の効果は、病院の負担を軽減できる非常に重要な統計だ」と報じた。

イスラエルの新型コロナワクチン接種率は、2021年初頭の時点で世界のトップレベルだった。2月には国民の64%がワクチンの接種を済ませていた。

イスラエル当局は7月30日、イスラエルは世界で初めて60歳以上の住民に対し、ファイザー社製のワクチンの3回目の接種を開始すると発表した。ブースター接種は8月1日からスタートし、8月13日に対象年齢が50歳に引き下げられた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
イスラエル, ワクチン, Pfizer, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント