13:39 2021年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 46
でフォローする

新型コロナウイルスの起源に関して米国家情報長官室は27日、調査報告書の要旨を公表した。これを受けてジョー・バイデン米大統領は、米国およびパートナー国は、新型コロナウイルスの発生源に関する情報を提供し、世界保健機関(WHO)と協力するよう中国に引き続き圧力をかけると表明した。

ホワイトハウスが27日に発表した書面で、バイデン氏は次のように述べた

米国は中国に完全に情報を提供させるよう世界中の志を同じくするパートナーと引き続き協力する。そして、関連するあらゆるデータと証拠の提供を含め、COVID-19の起源を決定するために、第2相証拠に基づく専門家主導の決定についてWHOと引き続き協力する。

バイデン氏は「パンデミックによる犠牲者の数が増え続けているにもかかわらず、中国は透明性を求める声を拒否し、情報を差し控え続けている」と主張した。

米国の情報機関は、新型コロナウイルスの起源について、自然発生によるものなのか、中国のウイルス研究所からの流出によるものなのか、まとまった意見を得ることができなかった。「ウイルスが生物兵器として開発されたものではない」という結論には至ったものの、中国側の協力がなければより明確にすることはできないとした。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 米国, ジョー・バイデン, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント