19:38 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

メキシコ国立自治大学の研究チームが、新型コロナウイルスSARS-CoV-2を中和する独自の保護マスクSakCuを開発した。マスクは銀と銅の3つのナノ層を構造としている。

開発者によると、ウイルス膜は、銀と銅のナノ層と接触すると破裂し、リボ核酸に損傷を与える。これはつまり、間違った使い方をしてもマスクは汚染されないということだ。

​SakCuの試験では驚くべき結果が得られた。高濃度ではコロナウイルスはマスクから8時間で8割消え、低濃度の場合、2時間で完全に消滅していたという。ロイター通信が伝えている。

この保護マスクの大量生産について語るのは時期尚早だという。開発はまだこれから必要な審査と認証を受けなければならない。一方で開発者側は、よい回答が得られれば初期で1日に約200枚のマスクを生産できるとすでに宣言している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント