18:33 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国の研究者らの調査でモデルナ製のワクチンの接種後の方が、ファイザー製ワクチンの接種後よりも抗体産生量が多いことが明らかになった。この研究の論文は、オープンアクセスの学術誌「JAMA Network Open」に掲載されている。

研究者たちは、モデルナのワクチンを接種した人のほうが多くのIgG抗体が作られていることを発見した。モデルナのワクチンで出来た抗体は1ミリリットルあたり68.5マイクログラムであったのに対し、ファイザーのワクチンを接種した場合は45.9マイクログラムだった。

さらに、50歳以上の人は若い人に比べて抗体産生量が少なく、1ミリリットルあたりの数値を比較するとそれぞれ31.1マイクログラム、59マイクログラムだった。ところがモデルナのワクチンを接種した場合はそうした年齢による差異は見られなかった。

こうした結果の一方で研究者らは、ワクチンの有効性を投与後の抗体産生レベルに基づいて結論づけないよう注意を喚起している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
Pfizer, Moderna
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント